短期間でとにかく痩せたい!効果重視のダイエット方法は食事療法でした

短期間でとにかく痩せたい!効果重視のダイエット方法は食事療法でした

 

短期間でとにかく痩せたい。一ヶ月間でできるだけダイエットしたい。

 

そういう人にこそオススメしたいのが食事療法です。

 

※食事制限じゃないですよ!食事療法!

 

今でこそ言葉が独り歩きしていますが、もともとダイエットとは「食事療法」という意味でした。

 

減量って意味ではなくって、生活スタイルとかって意味だったんです。

 

だからこそ、改めて効果的なダイエットを考えると、食事を改善するのが近道なんですよね。

 

私がやった短期間で痩せる具体的な食生活

最初に断っておきます。

 

私は食べるのが大好きで、食べるのを我慢することはできませんでした。

 

ちゃんと痩せたいんですよ。本当に痩せたいですし、綺麗になりたかったんです。

 

けれど、どうしても甘いものは辞められないし、100%の断食は辛くて辛くてできませんでした。

 

だから、私がした食事制限&改善方法は以下の通り。

 

  • 朝はフルーツ&ヨーグルト
  • 昼は炭水化物も含めバランスよく摂取
  • 夜は野菜&タンパク質を摂取
  • お菓子は誰かといる時だけ
  • できるだけ水を飲む

 

この生活を続けることで、私の場合は1ヶ月で4キロ落とすことができました。

 

また、私の場合は肌ツヤも良くなりました。

 

何も変えてないのに、色んな人に「チーク変えた?」とか「化粧うまくなった?」なんて言われて嬉しかったです。

 

ただ、私は意志も弱めですし、まわりにダイエットをしてると宣言しなかったので誘惑が多かったんですよね。

 

だから、自分で決めたプラスアルファのMYルールがなかったら、短期間で痩せることはできなかったと思います。

 

私の食事制限&改善方法の必須ルール

意志が弱めで甘いもの大好きな私・・・。

 

「食事制限」なんて一口で言っても、パパッとできるもんじゃありません。

 

だから、特別対策としてルールを決めました!

 

飲み会OK、ただしその日の摂取カロリーに気を付けて

 

飲み会や、楽しみなご飯の予定があるなら断らなくてOK。

 

ただし、1日の摂取カロリーを1200キロカロリー以下に目標づけました。

 

私は基礎代謝が1370キロカロリーだったので、お酒を飲もうとスイパラに行こうと、1200キロカロリー以下に抑えてみたんです。

 

飲み会はNGとか、これは食べちゃダメって思うと辛くないですか?

 

いくら短期間とはいえ無理をするのは非効率。

 

だって、ストレスもかかりますし、リバウンドの可能性もあがりますからね。

 

それだったら「行ってもOKだけど●●しよう」って考えた方が絶対に短期間で痩せられますよ。

 

余談ですが・・・、基礎代謝はライザップの無料カウンセリングで計ってもらってきました(笑)

 

ライザップの無料体験は基礎代謝や筋肉量などを計って数値化して教えてくれるのでオススメです。

 

 

夜に頑張れたら朝にご褒美

 

夜、野菜やタンパク質オンリーでがんばると、どうしても朝にお腹が空いてしまうことがあります・・・。

 

その場合は自分へのご褒美として、朝のフルーツ盛り合わせにグラノーラやゼリーを足しました!

 

その頑張りが3回続けられたら、ゼリーじゃなくて牛乳寒天にしてみたり。

 

これは、条件付きで、しかも朝ってところがポイントです。

 

カロリーを蓄えがちな夜ではなく、朝にご褒美プログラムをすることでカロリーの吸収を抑えられる。

 

しかも、朝に嬉しいことがあると、その日1日もがんばろうって思えちゃうじゃないですか(^^)/

 

 

昼&夕食の食生活★短期間痩せのポイント

 

昼間はエネルギーを消費しやすい。

 

なので、炭水化物やタンパク質、脂質などなどバランスよく食べるのが大切。

 

あの、食べなきゃ痩せるっていうのは大嘘ですからね。

 

栄養が偏って飢餓状態になってしまうと、どれだけ制限しても痩せなくなります。

 

短期間で痩せることを目標にするなら、やみくもに減らすのは絶対にNG!

 

生きるために必要な栄養素はしっかりとりつつ、過度に摂取しがちな栄養素を抑えるのが成功のカギなのです。

 

また、夜は野菜をメインにタンパク質を少〜しだけ食べます。

 

今日、料理をしちゃったら食べちゃう気がする・・・(*_*)

 

そんな日には、野菜とタンパク質がいっしょに摂れる、置き換え食のお世話になった日もありました。

 

置き換え食といっても、すっきりフルーツ青汁とかです。

 

こういう青汁とかで我慢しておけば、カロリーを抑えつつ、必要な栄養素もカバーできます。

 

ダイエットの緊急事態用に、お家に忍ばせておくのもアリですよ!

 

すっきりフルーツ青汁の公式サイト

短期間で痩せたいのに間食が辞められない

短期間で痩せたい。だけど、間食が辞められない・・・!

 

わかります。わかりますよ、その気持ちは。だけど、やっぱり、私もお菓子や間食は辞めました(涙)

 

ただし、誰かといる時はOKにしたんです。

 

友達とパンケーキを食べに行くとか、「1ついる?」って言ってもらったチョコレートなんかは食べてOK。

 

私的には痩せ始めたら良いんですけど、本格的に体重が落ち始めるまでのダイエット中って辛いんですよね。

 

だから、その間のストレス解消になる女子会とか、嬉しいお裾分けは素直に楽しむことにしたんです。

 

すると、誰かと会う予定が楽しみになって、結果的に前向きな気持ちでダイエットを続けることができたんですよ。

 

まあ、ただ、やっぱり短期間で痩せるのを妨害してはいますから、そのぶん水を多めに摂ることにしました。

 

普段の目標が1日2リットルだとしたら2.5リットルくらい。

 

1口食べたら、水も1口飲むくらいの感覚でいると自然と間食し過ぎず、楽しみつつ痩せられますよ!

 

習慣にするには、まず3週間がんばろう!

ダイエットだろうと短期間痩せだろうと、習慣化してしまえばコッチのもの。

 

ですから、まずは3週間を目標にがんばってみましょう。

 

3週間がんばることができたら、1ヶ月間の短期間はもう目前ですし、2ヶ月であれば3分の1は消化できてしまいます。

 

ちなみに、短期間痩せを実現したあと、私が食事以外に気をつけているポイントは以下の通り。

 

  • 毎晩30分ほどの半身浴
  • お風呂上がりのストレッチとスクワット
  • 意識して真っすぐ立つ
  • 定期的なエステサロン体験でストレス解消

 

痩せるとお風呂(で、脱ぐの)が楽しいです(笑)

 

あと、最近は筋肉をつけて燃焼しやすい身体を作るのにハマっているので、ジムやヨガにも通っているんですね。

 

なので、そこで習ったストレッチやスクワットも日課になっています。

 

まあ、それができなくても気をつけているのが「真っすぐ立つ」ということ。

 

え、立つだけ?と思うかもしれませんが、私、本っ当〜〜〜に立ってられなかったんです。

 

ドライヤーをかけつつ歯磨きをしつつは柱にもたれかかり、電車の中では入ってすぐのドア横に寄りかかり・・・。

 

脚の筋肉なんて、あったものじゃなかったと思います(汗)

 

でも、意識して両足でしっかり立つようにしてから、細い筋肉がつくようになったんですよね。

 

あ・・・私もあんまり立ってないかもって人は試してみてください!

 

それから、ご褒美プログラムとしてエステの体験を使っています(笑)

 

最近のエステの体験コースって、割と豪華なエステコースが数千円で受けられたりするんですよね!

 

 

これを月1ペースでやってあげるのが、私流の痩せメソッドになっています!

 

次はこの記事がオススメ!